「いろいろやろう」行動するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怒ることの無意味さ

どんな人も一度は怒ったことがあると思う。でも、その怒るという行為は、どんなときであっても無意味であると思う(キリッ

私は怒られるのが嫌いだ。
怒られて伸びるタイプと褒められて伸びるタイプがいる、とよく言うが、それが成立するのは、自分が好きでやっていることに対して、より成長してほしいがために怒る、という場合だけである。
つまり自分は嫌いだけどやらないといけないこと、例えば勉強をしない事で怒って勉強をさせるというのは全く効果がないということだ。

逆に勉強をやりたくないと思っている人に勉強をさせるには、勉強をすることで得られるメリットを説明するのが一番だ。
ここでは勉強を例に説明したが、いかなる場合もこの法則が当てはまる

つまり!人間が生きる上で怒るという行為は無意味である。

また、怒るという行為は自分の感情を制御できていないということであり、怒ることで
「私は自分の感情もさえコントロールできない短絡的で幼稚なバカなんです」
と言っているのと何ら変わりない。

もしここで、子供を教育する時に怒らないとちゃんとしたしつけができないじゃない!
という人がいた場合、それは貴方は教育するための知識、技術が足りない。というだけの話です。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/13(日) 02:18:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23
<<最初の会社 | ホーム | iPhoneから書いて見ました>>

コメント

最初の文脈からすると人間が生きる上で怒るという行為は無意味である。って言い切れない気がした
  1. 2010/06/13(日) 17:29:47 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

つまり
無意味に怒るな
ってことですかね
  1. 2010/06/13(日) 17:31:49 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>>10/06/13
正直私も今後全く怒らないということはないと思います。

私の中では怒るということをする前に相手を傷つかせない方法があると思っていて、あくまでも私の理想を書いただけでした^^
  1. 2010/06/13(日) 20:25:26 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

怒ることは無意味とは限らないとボクは思います
  1. 2010/06/13(日) 21:37:25 |
  2. URL |
  3. aaa #-
  4. [ 編集 ]

悟ってますねw 怒られることも愛情を感じる一つだと思いますが。

怒られないで育った子供が一度怒られた時はどうなるのかなw

精神的に欠落した子供が世の中渡っていけるとはおもえませんね
  1. 2010/06/14(月) 09:30:50 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>>aaa
できれば、なぜそう思うのかも明記していただきたいです。
  1. 2010/06/14(月) 20:53:14 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>>10/06/14
私が言っているのは全く怒らないで子供のすき放題にさせるというわけではありません。

親が子供に尊敬される存在となって、何をすべきか何が正しいのかを教えることができれば起こる必要など無いということです。

怒られるのに慣れるために、予め怒るというのは怒る目的が変わっているとも思えます。ここであなたの言う怒るという行為は、叱って子を正しい道に導くことを指していますよね?

それに、怒られないことで精神が欠落する意味も書かれていません。

自分なりの理屈でもいいので理由を書いて欲しいです。それで私が納得して意見を変えるということもありえますし、私自身自分の考えがすべて正しいと思っておらず、皆さんの意見を聞いて正しい考えを身につけたいという意味でこの記事を書きました。
  1. 2010/06/14(月) 21:03:16 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

怒っている当人の是非はともかく、怒らないと解らない人間もいるってこと。
まじめに取り組んでいるならほとんどのことは一度いえば解るだろうし、それができていないなら、要求する/される側に何らかの問題がある。
そのときに一度怒ってみる選択はあながち間違っちゃいないし、怒られた側も問題のある自分を見直す必要は感じるでしょう?

あと厳しく突っ込みますが、KaZuH1R0さんの記事の内容には論理の飛躍があります。
例えば、勉強のメリットを説明するほうがよいとありますが、果たして説得だけで皆が素直に従うのでしょうか。
KaZuH1R0さんに「どうこうした方が今より良いですよ」といったとき、KaZuH1R0さんはその忠告の真偽を如何なる方法で判断するのですか?
どうもこのような点で、自己と他者の関係の掘り下げが足らないように思えます。
結局、説得だけでは人を変えることが出来ませんし、叱ることで矯正する必要があります。これが教育の持つある一面です。
このとき、叱られた側が、怒られたように感じる可能性もありますよね。
その点の配慮も欠けています。文章を読んでいて自己しか見つからない。

討論してくださいとありますが、KaZuH1R0さんの文章自体に穴があるぶん、有益に発展しようがないのです。もうすこし論理的飛躍のない、言葉に注意を払った文章を書いてください。

  1. 2010/06/16(水) 21:53:05 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>>10/06/16
回答ありがとうございました。

私はこのような回答を待っていました!
なんどもいうように、私自身頭が良くなく、良くなりたいがためにこのような内容の記事を書き、考えを訂正していくのが理想です。

まず一つ目ですが
経験談になってしまうのですが、私は好きでもないサッカーを長期間やっていました。好きでもなくやっていたのであまり上手くなかったです。でも、自分なりに頑張ってみよう!と思うときもありました。しかし、その時にチームメイトやらに怒られるとやる気を無くしてしまうんですね。
反対に、あるときに監督に「お前はテクニックがあいつよりあるから大丈夫だ!」って言われたときは本当に嬉しくてやる気も今までに無かったくらいできました(好きでもないことなのに)。
といういう意味で一度怒ってみるという判断もいいかもしれないけど、それで意気消沈してしまうこともあるということも知っていて欲しいです。

次に真偽の判断方法ですが、まず勉強をさせるために説得するという出来事は自分が「親」「先生」で相手が「子」「生徒」という場合が多いと思います。
ここで、自分が親、相手が子の場合の私が考えている説得の方法は
相手が中学生だった場合、今勉強しなかったことにより数年後A高校にに行くことで将来、どの程度の地位、給料しかもらえないという現実を教えてあげる。次に勉強することでB高校に行けて、高い地位、給料をもらえるということを教える。ここで、子にどちらがいいか尋ねたら確実に後者を選ぶと思います。そこで、今どうすべきか?という事を説いて自発的に勉強をさせるよう説得(導く)という方法です。

本当にこんなので勉強してくれるかわかりませんが、叱らないで勉強をさせるというのが最もいいと思っています。
また、叱ることでその時だけ勉強しても意味がありません。大事なのは続けることだと思います。

もし、最初から聞く耳すら持たないときは縄で縛ってでも聞かせるべきなのではないでしょうか?怒る以外でも方法なんていくらでもあると思いますし、物で釣るでも、一緒に勉強するでも・・・・。

それでも聞かないような酷い子であったならそれは、親自信のせいだと思いますし。私がそんな親になるつもりもないですし。

他人から聞くと理想郷かもしれないですけどね。


元々の文はだいぶ端折ってますし、正確に伝えていことも伝えられてないと思います。何かおかしな点があれば訂正お願いします。


最後に、ABCでもいいので名前を書いていただかないと過去に書いた人と同じ人なのかよくわからないのでお願いします。
  1. 2010/06/16(水) 22:40:12 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

さらに付け足します。

考えてみたら、いじめてくる人やひたすら邪魔してくる人など、自分に害を与える人に対しては怒るということも必要かもしれないですね。
  1. 2010/06/16(水) 22:47:00 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

念のため名前入れておきました。

個別的に批判しても正しく伝わらなさそうなので、全体に対して書きます。
勉強を促すために説得することの重要性をKaZuH1R0さんは説きましたが、それではKaZuH1R0さんは、先生や先輩が忠告してくれたことに今まで全て従ってきましたか?
従わなかったときにKaZuH1R0さんは先生、先輩に縛られる”べき”でしたか?
たぶん強制的に縛ったとしたら、あなたは反抗するはずです。
それでは縛る側はどうやって縛ったらいいのでしょうか。
忠告が通じなかったのですから、KaZuH1R0さんのことを叱る、それどころか脅しつけて縛るべき、でしょうね。

KaZuH1R0さんの主張ではこれがなされるべきです。
そこのところ理解して書かれているのか、それが知りたいです。
  1. 2010/06/17(木) 00:26:40 |
  2. URL |
  3. sky #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

すいません。

勉強を指導するのは幼少の頃がベストだと思っています。
子供というのは紙でいう白紙の状態ですね。そこに親が勉強する事の大切さを教えてあげるべきだと思います。
子供の頃放置していていざ中学、高校になってから勉強すれ!って言われても無理だと思います。ほんと説明不足ですね。

あと私自身、いい成績をとるため、留年しないため、以外の勉強の大事さを説かれたことはありません。
そもそもこれらは勉強をする必要な理由とは成り得ません。
根本原因を教えるべきだと思います。
良い成績をとることで良い会社に入れる。よって給料多い。よってそこら辺のコンビニで働いているおっさんのような惨めな生活をしなくてもよくなる。

でも、これを18歳の子に言ったって、たとえ理解できても行動にうつすのはかなり難しい。でも、子供ならもっと簡単に勉強をできるようになると思うのです。


最初にskyさんは正しく伝わっていないと思ってるようですが、伝わっています。
skyさんの言っていることも正しいし、私の言っていることも正しいです。
skyさんの言っていることは、言って納得出来る人にはそのままで、言っても分からないような人には叱る必要があるということですよね。でも、言っても分からないような人は一時的に勉強したとしても持続する人はそう多くないと思います(する人もいると思いますが)。

私の言っていることは、相手の考えを改めさせるのに叱るという方法は一番最後に使うべきだと言うことです。一度説得してだめなら自分の勉強不足。説得する方法なんて1つではないので根気よく説得する方が最後には良い結果をもたらすと思います(めんどうかもしれないですけどね)

それに私は一度も脅すなんて言っていません。
  1. 2010/06/17(木) 20:45:54 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

KaZuH1R0さんの主張についてですが、それでは説得にこれだけのコストをかける目的は何なのでしょうか。
他人の人生のために四苦八苦して教えることで、教える側にどれだけのメリットがあるのですか?
それとKaZuH1R0さんは、説得することで相手が改善するという「真理」を信じられているようですが、これ自体の真偽はどうなのでしょうか。
たとえば、対等の立場の相手が同様に「真理」を主張してきた場合、一体どちらが正しいのですか?(回答されるのであれば、ありがちな誤謬をやらかさないことを祈るばかりです

このような問題に多大なコストを払っていては、現実的解決は望めません。
そこで簡単に場を動かす方法の一つが「怒ること」であり、決して無駄とはいえないはずです。

それと大変残念ですが、KaZuH1R0さんのおっしゃることは「正しく」ありません。
ある「命題」、つまりKaZuH1R0さんの主張の正しさを問う前に、その「命題」が命題として成立しうるかが判断されなければいけません。
このとき、「空の味は?」「試験の音色は?」などの的外れな命題は成立しません。
KaZuH1R0さんの場合も、後付けされるたびに、最初の主張がより狭いものになりますし、何より矛盾が生じてきます。
私のような平凡な人でも、すぐ気がつく矛盾のあるようでは、正しさを主張することは望めないと思いますよ。
  1. 2010/06/17(木) 21:33:16 |
  2. URL |
  3. sky #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>>sky
なんか、勘違いしているようですが、私は相手の考えが正しいと思えば意見を変えます。じゃないと成長なんてしないですもんね。すると最初に言ったことと後に言ったことは矛盾してしまうのは自然なことです。

これだけコストを掛けるとしたら、相手が自分の子供の時だけでしょうね。

それに、もともと対等な立場で相手を説得するのは非常に難しいのではないのでしょうか?また、そのような状況で怒るという場面はほぼないと思います。あるとすれはキレることでしょうね。でも、あなたの言う子供ではない相手に切れるというのはどちらにせよ幼稚ですよね。ありがたいことに私のまわりには自分がキレるほどひどい人間はいないのであなたとは状況が違うのですね。

それに、なんども言うようですが、skyさんのおっしゃっている怒るという行為は無駄ではないと思います。
でも、私はすべての間違いを犯した人に対して怒るということはせず、それ以前に関わらないかったり、ほおっておきます。

今までの私が言ってきたことに矛盾箇所があるため「怒るということは必要ない」は、命題として成り立たないといっていますが、別に成り立たなくてもいいですよ。
命題、つまり真か偽を求めようとしているようですが、怒ること以外に考えつかない人にとっては偽であるだろうし、怒る必要がなくても相手を説得できる人にとっては真であるからです。

私はすべての人に対して怒らないで説得することはできません。説得するためには相手に尊敬されていないと難しいからです。しかし、必ず説得しないといけないのに、言う事を聞いてくれないという場面はあまりありません。大抵のことは無視したり関わらない方が怒るよりメリットがるからです(つかれない、ストレスフリー)。
しかし、そのような場面があったとしたら私も怒るかもしれません。
  1. 2010/06/18(金) 00:14:38 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>>私のような平凡な人でも

このような表現をすると相手を侮辱しているように思われるのでやめたほうがいいですよ。
もし、それで相手が怒り狂ってしまったらただの罵倒合戦になってしまいますから。
  1. 2010/06/18(金) 00:22:03 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

それでしたら無難な忠告をしておきます。

自分が間違えていたと思ったら考え直すのは、理性的な態度として当然ですが、たった数行のコメントで考え直すのはいかがなものでしょうか。
本来、まともに熟考したものであったのであれば、ふつう、誰もが思いつくような発言が難なく退けられるものでなければいけません。
そうでなければ他人に意見を求めたとき、ごく当たり前の指摘から自分の考えを問い直さなければいけなくなります。
人によってはこのとき、他人のアドバイスを積極的に組み込みすぎて自分の考えを見失うこともあります。このような視点からも、考えの無い状態での討論はさけるべきです。
にもかかわらず、KaZuH1R0さんは穴のある記事をさもありなんと掲げた上で、自分より上のコメントに批判を加えています。
加えて後だしでの条件付き命題、それを退ける行為などがこうも連発されてしまうと、KaZuH1R0さんが誠実であるのか、読者は疑わねばなりません。
このままでは数行で語られるようなことばかり検討しているだけで終わりますので、一度見直されることをお進めします。

「私のような平凡な人でも 」と書いたのはそれが当然のことだからです。
少し手厳しいかもしれませんが、もし上の言葉でKaZuH1R0さんが頭にきたのであれば、それはある点において自覚しているからではないでしょうか。
耳の痛い忠告は、往々にして「侮辱」されていると感じるものです。
そういったものを肥やしにすることを忘れないでください。
  1. 2010/06/18(金) 01:31:39 |
  2. URL |
  3. sky #-
  4. [ 編集 ]

国語の偏差値50以下だったでしょ? 【1】

くらげのおっさんのコメント欄から訪問してコメントのついているこの記事のみを拝見しました。初コメです。

まず第一にプロフィール欄に「ゲームをたしなむ程度にします」、「絵をたしなむ程度に描きます」と書かれていますが「~をたしなむ程度にします」という日本語はおかしいので正した方が良いと思います。

第二に誤字や誤った言葉遣いに気をつけた方が良いと思います。コメント欄を含め、こんな短文にも関わらず、誤字や誤った言葉遣いが多いと読者に「足りない人」という印象を与える恐れがあると思います。「親自信」→「親自身」、「正確に伝えていこと」→「???」、「メリットがるからです」→「メリットがあるからです」、「理想郷」→「理想論?」など。

第三に文章自体についてなのですが、これはもう手の施しようがないほどのダメっぷりなので貴方が書いた記事に少しだけ触れる程度にしておきます。

20歳の方とは思えないほど、とても視野が狭く、物事の考え方自体にも多くの難がありますが、そもそも基本的な文章の書き方のルールさえも理解していないようなので、まずは日本語の勉強を一からやり直した方が良いと思います。
  1. 2010/06/18(金) 18:45:13 |
  2. URL |
  3. 暇人 #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

国語の偏差値50以下だったでしょ? 【2】

> 怒られて伸びるタイプと褒められて伸びるタイプがいる、とよく言うが、
> それが成立するのは、自分が好きでやっていることに対して、より成長して
> ほしいがために怒る、という場合だけである。
> つまり自分は嫌いだけどやらないといけないこと、例えば勉強をしない事で
> 怒って勉強をさせるというのは全く効果がないということだ。
> 逆に勉強をやりたくないと思っている人に勉強をさせるには、
> 勉強をすることで得られるメリットを説明するのが一番だ。

何を根拠にしているのでしょうか?

> ここでは勉強を例に説明したが、いかなる場合もこの法則が当てはまる

上記は貴方の勝手な思い込みであり、説明とは言いませんし、当然、法則でもありません。そもそも法則という言葉の意味を理解して使っていますか?

> もしここで、子供を教育する時に怒らないとちゃんとしたしつけが
> できないじゃない!という人がいた場合、それは貴方は教育するための知識、
> 技術が足りない。というだけの話です。

おそらく貴方がここで書きたかったのは「自分の感情をうまくコントロールできずに、子供を怒るような親は知恵が足りない」であって、「子供の躾のために叱る人」は含んでいないと思いますが、この文章だと読者に「子供の躾のために叱る人も間違っている」と受け取られかねません。

コメント欄は更にお粗末で、暇人の私もさすがに面倒なので触れません。

最後に、低能の分際で、くらげブログのコメント欄に糞生意気なことは書くなよっと。
  1. 2010/06/18(金) 18:54:03 |
  2. URL |
  3. 暇人 #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>>sky
言われてみればそうですね。ちゃんと考えたなら数行の説明で考えが変わるはずがないですもんね。客観的な立場で考えてから書こうと思います。

私自身としては誠実であったつもりでしたが、見ている人にとっては感情で物事を言っているように感じてしまうんですね。

「私のような平凡な人でも」が頭につくと大抵は、普通の頭脳でも気づくことにあなたは気付かない=あなたは頭が悪い、という風に捉えてしまうと思いました。

耳が痛い忠告はためになる(=肥やしになる)ということに気がつきました><
ありがとうございます。
  1. 2010/06/18(金) 20:59:45 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 国語の偏差値50以下だったでしょ? 【1】

>>暇人
くらげのおっさんって誰だ!?と思ったんで調べたら「30代独身ダメ男通信Ⅲ     ~リアル働くおっさん劇場~」を書いている人だったんですね。

「たしなむ」には「する」という意味も含まれているんですね。訂正しました。

キーボードをもう少しゆっくりと入力して誤字を避けるように気をつけます。また、日本語の勉強は漢字の勉強から一からやります。

ご指摘ありがとうございます。
  1. 2010/06/18(金) 21:59:49 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 国語の偏差値50以下だったでしょ? 【2】

>>暇人
今まで生きてきた中で感じたことを書いたので、根拠はないということになりますね。

法則の意味は理解していますが、本来の意味とは異なる意味で使ってしまいました。誤解を招いてしまい申し訳ありません。

子供のしつけも含めています。

人生に迷っているように感じたので、なにかの参考になればと思い書いてしまいました。低能の意見はだと参考にならないんですね。

ご指摘ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
  1. 2010/06/18(金) 22:23:03 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

くらげ中毒

> 子供のしつけも含めています。

おいおい。

当然、前の文脈にも掛かってくるのだけれど大丈夫?「子供の躾のために叱る人は自分の感情さえもコントロールできない短絡的で幼稚なバカ」ということになるのですよ?これでOKなの?

「怒る」と「叱る」、混同していませんか?

> 人生に迷っているように感じたので、なにかの参考になればと思い書いてしまいました。
> 低能の意見だと参考にならないんですね。

いいえ。私の暴言でした。ごめんなさい。
  1. 2010/06/19(土) 00:16:25 |
  2. URL |
  3. 暇人 #LkZag.iM
  4. [ 編集 ]

Re: くらげ中毒

>>暇人
躾のために怒るよりも先に、他にすることがあるはずなのに、一度言う事を聞かないだけで怒って叱るという方法を取る人が多いと思った、という意味で書かさせていただきました。

暇人さんの言っているとおり「怒る」と「叱る」を混同させていました。

http://www.kodomo-clinic.or.jp/ClinicNews/C.N.text/shikaru.html
ここによると、「叱る」は相手のため、「怒る」は自分のため、だそうです。
ちゃんと使い分けていきたいと思いました。
  1. 2010/06/19(土) 16:45:45 |
  2. URL |
  3. KaZuH1R0 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://berutaro.blog46.fc2.com/tb.php/245-3979a4b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KaZuH1R0

Author:KaZuH1R0
管理人プロフィール
・本を0.2/day程度に読みます
・文章を書く練習をしています(日本人ですw)
・ゲームをたしなみます
・今は絵を描いていません
・インターネットが好きです
・いろいろ考えるのが好きです

ブクログ ミニ本棚

カテゴリ

未分類 (274)
iPhone (3)
最も良い出来事 (1)
SC2 (4)
ゲーム (8)
ガジェット (1)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

Amazon item

リンク

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。